会話テクニックのカテゴリ記事一覧

友だち追加数 @mindmaster

カテゴリ:会話テクニック

会話テクニックのカテゴリ記事一覧。男のための恋愛に役立つ心理学

会話テクニック
誰かと会話するという事は、自分ではない他人と話すことです。自分が考えていることが、相手にとっては自分とは違った感情であることもあります。会話とは言葉のキャッチボ..

記事を読む

会話テクニック
初対面の人と会話をする場面って結構ありますよね。新しい学校に入学した時、新しい会社にあった時、新しい習い事を始めた時・・・。あらゆるシーンで初対面の方との会話を..

記事を読む

相手と話す時の話し方を変えてみるのも大事

心理術
誰かと会話するという事は、自分ではない他人と話すことです。
自分が考えていることが、相手にとっては自分とは違った感情であることもあります。

会話とは言葉のキャッチボールです。

自分が普通に投げたボールなのに、相手にとっては思ったより早くて取れなかったとか、自分はストレートに投げたつもりなのに、相手にとってはカーブに見えて取れなかった・・・
そんな擦れ違いもあったりします。

自分が、普通に投げかけた言葉を相手の取り方次第で、相手を怒らせたりということも経験したことがある人も多いおのではないでしょうか。

誰かと話す上で、質問形式で話すことは毎日のように多々あります。

その質問内容は、
「今日はクルマで来たの?」
「昨日は電車で行ったの?」
「昨日の夕食は食べたの?」
といった具合に「はい」か「いいえ」で答える事が可能なクローズドクエスチョン。
閉じた質問です。
一言答えると会話が切れてしまう質問内容となっています。

しかし、もう一方は、
「この本の感想はどうだった?」
「この料理のコツはどういう点?」
「誰と食事に行ったの?」
など、一言では答えにくい質問のオープンクエスチョン。
開いた質問です。

そこからどんどん話が広がる可能性を含んでいるのです。

話を広げるには、こういったオープンクエスチョンを積極的に取り入れると会話が膨らんでいくのでお勧めです。

ただ、オープンクエスチョンを用いて会話を膨らませようと取り入れた場合に、あまり多用してはいけないフレーズがあるのです。

それは「何で?」や「どうして」というフレーズ。

例えば、先ほどの質問。
「誰と食事に行ったの?」
「○○さんと」

「どうして?」
「誘われたから」

「何で誘われたの?」
「・・・」

あまりいい気はしませんよね。
なんでいい気がしない質問かというと、明確な答えがないものだからです。

例えば、誰と行ったの?と聞かれた時の○○さんは答えが決まっています。
しかし、どうして?なぜ?に関しては、自分で考えた答えとなるからです。

だからと言って、この「何で?」や「どうして」を全く使ってはいけないということではありません。
会話の要所要所で使うくらいに留めておきましょう。

あまり使うことで、相手の気持ちをダウンさせてしまう言葉ということを覚えておくべきです。

また、次に多用してはいけないのが「何で○○しないのか?」という言葉。
これは、皆さん小さい時に両親から言われたことがある方もいるかもしれません。

「どうして勉強しないの?」

これには、
勉強しなさいよ!という強制と、勉強しないなんて悪いわねという攻撃と、なんでやらないのよ?という気持ちの詮索と、何だかこの一言には、とてつもなくダメージを誘うものが含まれています。

小さい時にイヤな思いをしたことがある人も多いでしょうね。

これは、言葉を少し言い換えるだけで、相手へのダメージをやわらげられます。

「勉強してくれたら、お母さん嬉しいな」
この言葉は少なくとも、先ほどの言葉とは違い、一気にダメージを受けることはありません。

また、どうして?という言葉には相手だけでなく、自分自身への問いかけにもひどく圧迫感のある言葉です。

過ぎ去ってしまった事を自問自答する時に、「どうしてあんな事をやってしまったのか?」と問い詰めることは、非常に精神を衰弱させてしまうのです。

人は「どうして?」と過去の事を聞いてしまいがちですが、それを詮索しても、精神面が救われるとも限りません。

余計に精神を病んでしまう可能性もあるのです。

相手との会話の中での「どうして?」と使う事が多かった方は、少し控えて、そして、和らいだ口調にしてみてはいかがでしょう。


はらいかわてつや


相手との会話を好印象にする会話のテクニック

メラビアンの法則
初対面の人と会話をする場面って結構ありますよね。

新しい学校に入学した時、新しい会社にあった時、新しい習い事を始めた時・・・。
あらゆるシーンで初対面の方との会話を強いられる場面が生じてきます。

そんな時、あなたは上手に会話を続けることができるでしょうか。

心も中は「わ~、次何を話そう」「何を聞こう・・・」
いろんな思いで話を頑張ろうとします。

会話が上手な人は、こういった悩みを持つこともなく、難なく初対面でも会話をこなすことが可能です。

しかし、人見知りの方や、会話が苦手な人には、こういったシーンに遭遇するのは一苦労なんです。
それが大きな悩みとなることも多いです。

会話の中での一番の難関は「初対面の相手との会話」と言えるかもしれませんね。

アメリカの心理学者であるアルバート・メラビアンが提唱した「メラビアンの法則」というものをご存知でしょうか?

人間が人と話して相手の印象を持つ際に、どれが一番重要になるかというものです。
それについては、以下のものが要素となっています。

言語によるもの==会話の内容などが、7%
視覚によるもの=態度や表情やしぐさなどが、55%
聴覚によるもの=声の大きさ、速さ、口調などが、38%

このような実験結果があったとのこと。

要するに、会話の時に相手に好印象を与えるか、嫌悪感を抱かせるかは、会話の内容そのものよりも、態度や動作などの視覚によるものとか、声の大きさや口調だったりの聴覚によるものが重要となるという事です。

いくら、素晴らしい言葉を放っていても、相手の顏を見ずに棒読みで話されたら相手の心には響かないのです。

もし、相手から告白されたとしましょう。
「君の事がずっと好きだった。本気だよ。」などと素晴らしい言葉の内容であっても、それが小さい声であったり、ご飯を食べながらだったりしたら、あなたはどう思うでしょうか?

心に響きませんよね。

一方、言葉は少なく
「ずっと前から気になっていた」というそれだけの言葉であっても、あなたの目をじっと見つめて優しい表情をしていたら、あなたはどう思うでしょう。
相手の真剣さが、とても心に響くはずなのです。

それだけ、言葉に占める重要性は、動作などの重要性には及ばないということなのです。

では、初対面の人や、それ以外の人とも、早速実践できる会話のテクニックをご紹介しましょう。

まずは、どんな人でも会話に参加できるように、テレビを見たり、芸能人の話、音楽の話など、色んな知識を入手しておくといいかもしれません。

特に、ドラマとかであれば、たくさんの方も見てるでしょうから、会話のネタとしては、とても役立つものです。
そこから話が広がる可能性もあるものなので、是非日ごろからテレビをチェックしましょう。

先ほども話しましたが、会話で重要なのは、言葉よりもまず、表情や話し方。
相手の話をきちんと聞いて、時おりあいづちを交えたり、笑顔を交えて聞いていれば、相手との話は自然に膨らんでいきます。
そして、好印象となるでしょう。

上手に話せなくても、上手く会話のネタを広げられなくても、自分なりに相手の目を見て話せば、きっとコミュニケーションが円滑に進むはずです。

はらいかわてつや
友だち追加数 @mindmaster
Copyright © 心理学者はらいかわてつや All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます