友だち追加数 @mindmaster

カテゴリ:恋愛心理学

恋愛心理学のカテゴリ記事一覧。男のための恋愛に役立つ心理学

恋愛心理学
恋人に昇格するためには、まずは相手と親密になることです。そのためには「デートに誘う」ということが大前提となります。もし、あなたが相手を二人きりのデートに誘うこと..

記事を読む

恋愛心理学
心理学における公平理論。これは、アダムスが唱えたもの。これは、どういうことでしょうか?自分がやった仕事に対しての報酬と、他人がやった仕事に対しての報酬とを比べま..

記事を読む

恋愛心理学
恋愛に対して消極的な人は「恋愛の仕方が分からない」「どうやって告白したらいいか分からない」そう考えている場合がほとんどでしょう。でも、今や恋愛におけるアプローチ..

記事を読む

相手の心が傾くには自分を認めることから始めよう

109.jpg
恋人に昇格するためには、まずは相手と親密になることです。
そのためには「デートに誘う」ということが大前提となります。

もし、あなたが相手を二人きりのデートに誘うことができたなら、今度は「相手について知ること」が大事になります。

でも、同時に自分のことも知る必要があるのです。

好きになって「相手と付き合いたい!」と考えた場合には、とにかく相手の事ばかり考えて、その人の好みを調べたり、リサーチを欠かさないでしょう。

でも恋愛発展には、まずは自分自身を知る事がとても大事なのです。

心理学では「自己認識」などと呼称され、数々の心理学者がそれについて提唱をしてきています。

「自己認識」といっても、具体的にどのようなことでしょうか?

例えば、相手の事ばかり調べつくして、相手に関する知識は「100%」という人がいたとしましょう。
でも相手には、自分の事は明かさない。
これでは「ストーカー」とも言えますよね。

極端な話ですが、こうなってしまったらストーカーです。

そうならないためには、自分を知る、つまり自分を認めることが大事なのです。

自分を認める・・・と言われてもどうしたらいいのか?
つまり、自分を否定しないという事です。
すべてにおいて、プラスに評価するわけです。
よく「どうせ私なんか・・・」と表現する人がいますが、これでは自分を認めたことにはなりません。
自分を否定しているのですね。

でも、この「自分を認める」ということは、簡単なようでいて難しいかもしれません。
人間は誰でも、自分自身の行動に関して「イヤだ」「嫌いだ」という部分を持っています。
性格のことや、過去の行動において「自己嫌悪」を抱くことだって少なからずあるでしょう。

でも、恋愛だけでなく「自己認識」ができれば、人間としての魅力がアップしていくのです。

では、すべてを認めることは初めからは無理だと感じた人には、まずは「自分の気持ちを受け入れる」ことをしてもらいたいと思います。

誰かを好きになった時には「相手の事が好き」という気持ちが心の中にあります。
これは、とてもハッキリした気持ちとなっているでしょう。
その気持ちは抑えることなく、否定することなく受け入れて欲しいのです。

そして、相手に対しての好きな部分を考えた時に心の中に湧いてくるものがあったら、その気持ちを相手に伝えるのです。
自分の気持ちを受け入れて、相手に思いつくままに伝えればいいのです。

自分の気持ちを相手に伝える時に、上手く言おうとして、言葉に装飾したりする必要はありません。
相手に対しての自分の心の中にあるセリフをただ伝えるだけ。

だから
「あなたって周りに気遣いができる優しい人よね」
「君の瞳ってきれいだね」

といったような単純な気持ちでOKなんです。

相手の気持ちが傾くようなセリフは、歯が浮くような言い回しではなく、相手の心から飛び出してきたような純粋な言葉なのです。

もし、デートに上手く誘うことができたら、自分自身を抑えず、自分の心のうちを是非相手に語りかけてください。
何度もあなたの純粋な気持ちを聞いた相手は、きっとあなたに心が傾くでしょう。

「自分が相手のことをこう思っている」という事を伝えるだけでいいんです。

決して、自分の気持ちを抑え込まずに。
せっかくデートできたのなら、次の段階に進む努力をしましょう。
それをしなければ、もう恋はそこで終わってしまう可能性だってあるのです。

はらいかわてつや

恋愛における不公平の考え方とは?

028.jpg
心理学における公平理論。
これは、アダムスが唱えたもの。

これは、どういうことでしょうか?

自分がやった仕事に対しての報酬と、他人がやった仕事に対しての報酬とを比べます。
それで、不公平を感じるのです。
その不公平を感じた時に、人間は気持ちに変化が生じます。
つまり、それに対する意欲の変化が生じます。

例えば、恋人がいたとしましょう。

男性なら、彼女の家まで車で送り迎えをしてあげたり、デートのお金を出してあげるという事が多いかもしれませんね。

確かにデートは楽しいです。
しかし、それが続いていて、彼女はどうやら当たり前のようになっている。
しかも、今では感謝の言葉さえ聞く事ができない・・・。

こういう状況下におかれると、あなたは「不公平」を感じるでしょう。

実際にこのような恋愛は続くでしょうか?
これは、片方の労力だけが大きくなって、恋愛は長続きしないと思いませんか?

ただ上記のような状況になった時に、
①もっと彼女のために尽くそう
②自分は彼女のために尽くせているから幸せ
③彼女に対して「僕がこんなに尽くしているんだから、君も尽くしてくれよ」
④もう、こんな恋愛は不公平だからイヤだ

どう考えるでしょうか?

たいていの人は、③か④でしょう。

①や②の場合は、初めのうちは頑張ろうと努力をします。
しかし、それがどんどんストレスになっていくのです。

遠距離恋愛の場合はどうでしょうか?

これ以上の不公平を感じることが多々あります。

遠距離恋愛の場合は、遠くに住んでいるので、二人がデートをするためには、どちらかが労力を必ず伴う事になるでしょう。

交通費や電話代、どちらか一方が労力と費用を消費して行くのです。

例えば、彼の方が毎回彼女のために交通費をかけて会いに行っているとしましょう。
彼は仕事の休みの日を彼女のために利用します。
普段ならユックリ休みたい休日に、わざわざ遠方まで彼女のために会いに行きます。
新幹線で数時間かけて彼女に会いにいくのです。

しかし、彼が彼女のために向かっている新幹線の数時間の間は、彼女のはただ待っているだけ。
寝ていることだってできますよね。

電話をするのも彼が多かったとしましょう。

そうすることで、彼の方は「もっと君も電話をかけて」
とか「君からも会いに来て」と不満が出てきます。

つまり、一般的な恋愛よりも、不公平を感じることが多いのです。

やはり、恋愛というものは、どちらかが不公平を感じてしまうと続きません。

恋愛は、一人でするものではありません。
相手あってこそです。
しかし、そこに不公平が生じてしまうと、どちらかの不満を募らせるだけなのです。

あるアンケートによると、現在の恋愛においての満足度を調べたところ、自分が相手よりちょっと得をしていると答えた人が一番恋愛の満足度が高かったのです。

つまり、先ほどの恋愛の例のように、相手に尽くし過ぎている場合の相手の気持ちは「満足」とも言えてないのです。
つまり、お互いに満足を感じていない状況と言えます。

ですから、遠距離恋愛等において、自分が損をしている、不公平だと感じた場合は、相手に交換条件を提示するのがお勧めです。

仮に、自分ばかりが会いにいっていたら、「3回に1回は、君の方から会いに来て欲しい」とか相手に対しても求めるのです。

実際に、今の自分の労力の方が上だったとしたら、相手はこの条件を拒めないでしょう。

また、同様のアンケートにおいて、「今の恋人と結婚したいか?」と尋ねたところ、やはり「相手よりちょっと得をしている」と答えた人達が最も結婚を望んでいることが分かりました。

ですから、完全に公平にしてはいけないし、かと言って不公平過ぎてもいけないのです。

相手に対して「少し自分が恋愛において得してる」と少しだけ思わせることが重要なのです。

その場合は、自分の方が少し「不公平」と感じるかもしれませんが、少しですからあまり重荷にはならないでしょう。

遠距離恋愛においても、不公平をあまり感じないようにすれば上手くいくかもしれません。


はらいかわてつや

モテなくても恋愛について学ぶと出会いのチャンスは広がる!

IMG_1400.JPG
恋愛に対して消極的な人は

「恋愛の仕方が分からない」
「どうやって告白したらいいか分からない」

そう考えている場合がほとんどでしょう。

でも、今や恋愛におけるアプローチ豊富などを丁寧に教えてくれる本、恋愛における心理学の本などが書店に行けば数多く揃っています。

こういった本を読んで、恋愛について学ぶのもモテるには必要だと思うのです。

では、実際に「分かりやすい」と感じることのできる本をいくつか紹介してみたいと思います。


【出会いの達人―目からウロコ!心理セラピストが語る、女と男 「誘い」 の極意】
著者:スーザン ラビン

本の題名にもなっているように、出会いの形から恋愛発展期における実践方法を、セラピストが自分の体験を交えることで具体的に指示しています。
初対面でも、自然に仲良くなるためには、どういった方法が適切かが、読んでいくうちに分かってのです。
この本を読むことで「いい出会いないかな?」という消極的な会話は出てこないでしょう。
また、本を読むまでは思いもつかなかったような出会いの場がこの本を読むことで分かるようになるでしょう。


【永遠に愛される法則―好きな人と最高にうまくいく47の大切なこと】
著者:植西 聡

誰でも好きな人と永遠にずっと一緒にいたいと考えるもの。
でも、本当に愛している人とどのように巡り合えることができるかが分からない人は多いでしょう。
そんな「永遠の愛」について詳しく書かれている本。
どちらかと言えば、女性を対象として書かれている本と考えられます。
内容を読んでいくととても中身が充実していて、読んでいてスーッと頭に入ってくる感じです。
永遠の愛を手にいれるヒントとなる本と言えます。


【恋愛コーチング】
著者:平本 相武

自分自身に問いかけ、自分の心の中から答えを導き出すことができる本。
自分の深層心理から、相手の気持ちを深く理解することができ、またそれを知る事で相手とより深く結びつくことができます。
プロが教えてくれる恋愛テクニックが充実して書かれています。
まだ出会いがない人から、夫婦間の問題まで、幅広い方に読んでもらえる内容となっています。
また、恋愛のコーチング本ですが専門用語がなく、誰でも楽しく読める本の内容です。


【ドリルで学ぶ恋愛学】
著者:伊東 明

女性や男性の行動パターンで心理状態を知るという心理学がほんとかどうかを検証している本。この本は、男性側に偏った内容となっているのですが、
恋愛テクニックが本当に効果があるかを検証したり、対談コーナーがあったりと、読んでいて飽きない内容となっています。
コラム形式ですので、とても読みやすい本です。


【恋ができない うまくいかない あなたのための恋愛心理学】
著者:伊東 明

なかなか恋愛がうまくいかない、素敵な人と出会えない、といった女性側の恋愛についての悩みに着目して書かれた本。
心理学者の著者がそういった女性達の悩みや不安を解消すべく書いた恋愛のテキストとなっています。
恋愛における出会いから浮気といった、周囲には聞けないような悩みまで盛りだくさんに書かれています。
きっとこれを読むことで悩みが解消されていく事でしょう。

はらいかわてつや
友だち追加数 @mindmaster
Copyright © 心理学者はらいかわてつや All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます