友だち追加数 @mindmaster

月別アーカイブ:2015年04月

2015年04月の記事一覧。男のための恋愛に役立つ心理学

恋愛初級者向けの心理学
女性は「面白い話」「笑える話」を好む傾向にあります。会話をしていて、笑える話が大好きなのです。それに、自分を笑わせてくれる男性は女性にとって魅力的に感じるようで..

記事を読む

恋愛初級者向けの心理学
こんにちは、はらいかわてつやです。男性誌の女性を落とすテクニックなどでも常に取り上げられている内容と言えば、女性は自分を笑わせてくれる男性に興味をもつということ..

記事を読む

恋愛初級者向けの心理学
毎年年末になるとクリスマスムードが町中に漂っています。イルミネーションとともにサンタの格好をした女性が歩いているのを見かけると、かわいく見えちゃいますよね。女性..

記事を読む

面白い話の中に知的な話も織り交ぜての会話がベスト

6.jpg
女性は「面白い話」「笑える話」を好む傾向にあります。
会話をしていて、笑える話が大好きなのです。

それに、自分を笑わせてくれる男性は女性にとって魅力的に感じるようで、そういった笑わせてくれる男性はモテているという印象がありますよね。

いつも大人しいような、真面目だけが取り柄のような人は、人間的にはいいでしょうが、恋愛対象としては見られないことの方が多いのです。

だから、面白おかしい話をするために、話のネタをたくさん持っている男性の方が、女性から見たら恋愛対象としてみることができるのです。
笑わせるネタを持っていると、笑わせることができるので、ネタ探しをたくさんしておいて損はないでしょう。

ただし、ここで勘違いされると困るのですが「笑える話」を持っているのはいいですが、それだけだとダメということです。

笑える話をしながらも、その中に知性が感じられるような男性にならないとモテるようにはなりません。
初めから最後まで「バカな話」しかしないなどというのは論外。

いつも芸能ネタやテレビの話しかしないという男性には女性は魅力を感じません。
きっと、そういった男性達は新聞も読まないだろうし、ニュースも見ていないのです。

女性は不思議とそういった男性のことを見抜いてしまう力があります。
やはり、面白い話をしつつも知性を感じることができないと、女性は嫌になって即効恋愛対象外となります。

女性との会話は、一から十までが面白ネタだけでは成り立ちません。
時には女性側から政治系の真面目な話をされることもあるのです。
そんな時に「俺、ちょっと分かんないな~」なんて言語道断です。

バカな話しかできない本当のバカ・・・と女性に思われてしまいます。
「バカなだけ」の男性は女性にとって魅力的でもなんでもありません。
時には面白い話もできて、必要な時に真剣な話ができる男性こそ尊敬に値すると女性は思っているのです。

アメリカにあるアイオワ州立大学のロバート・コームズ博士がある実験をしたそうです。
その内容は「男性に対して平均よりも上の学力を求めるかどうか?」という問いを500人もの女性にしたところ約8割弱近くが「はい」と答えたそうです。

学力があるからと言って、真面目な話しかないのもダメ、かと言って面白い話だけでもダメ。
理想としては、面白い話を80%、残りの20%で真面目な話をする方が女性との会話には有効的です。
若いうちは面白い話だけで乗り切れても、年齢を重ねるとともに堅い話も必要になってきます。

政治経済の話なども、ある程度は覚えておかないと「バカな男性」と思われてしまうので、少しは覚えておく必要がありますね。


はらいかわてつや


女性を笑わせるネタを用意しておくといい

IMG_1444.JPG
こんにちは、はらいかわてつやです。

男性誌の女性を落とすテクニックなどでも常に取り上げられている内容と言えば、
女性は自分を笑わせてくれる男性に興味をもつということではないでしょうか?

女性は話し出すと止まらないことが多いです。
街で女性のグループがランチなどをしていると、平気で数時間もいる姿を見かけますよね。

また、昔から「井戸端会議」などという言葉があるように、
街で立ち話をしている女性達を見ているとノンストップで話していたりしますよね。
会社の給湯室やトイレでも女性達は常に話しています。

そんな事から言えるのは、やはり女性はおしゃべり好きということ。

だから、面白い話を話していくれる男性はモテるワケです。
モテる男性を見ていると気付くかとは思いますが、寡黙な男性がモテるということは、まずないですね。
モテる男性は、話上手。

ただ、話が上手いだけではダメなのです。
ところどころに笑いを盛り込ませる必要があるのです。
だって、つまらない話を延々とされても女性は退屈なだけですから。
退屈な話は飽きますし「早く帰りたい」と思わせてしまうだけです。

では、いったい「笑い」を提供することができる話をするには、どうしたらいいのでしょう?

「話はそれなりにできるけど、人を笑わせるなんて・・・」という男性も多いでしょう。

でも、笑いをとることは、そんなに難しいことでもありません。
ちょっとしたコツを掴むと結構人を笑わせることは可能なのです。

そのコツとは、会話の練習をするということ。
芸人さんみたいに、その時々でいつも人を笑わせるということは難しいでしょう。
アドリブで面白い話をしようとすると「笑わせよう」と意識してしまい、かえってつまらなくなってしまい「すべる」という状態にもなりかねません。

まずは「笑えそうな話」をいくつか頭の中に常に用意しておくことをお勧めします。
面白い話は自分の経験でも、本からでも、テレビからでも調達すればいいのです。

そして「これだ」というものがあったら、いつでも引き出せるように頭の中で練習して暗記するだけでいいのです。

アメリカのイエール大学のジョン・ベルモント博士が論じている事によれば、私達の記憶はすぐに忘れてしまうので、記憶を定着させるためには頭で反復することが大事だとのことです。

頭でシュミレーションするのもいいし、まずは男友達に話してみるのもいいでしょう。
男友達にそれを披露することで、その話がどれだけ面白いかウケるかということが事前に分かっていいですよね。

笑えるような話をしたければ、事前にネタを仕入れて覚えこめばいいだけ!

たったこれだけで女性を笑わせることができるようになるでしょう。

はらいかわてつや

女性のサンタ姿はどうしてかわいく見えるのか?

3.jpg
毎年年末になるとクリスマスムードが町中に漂っています。
イルミネーションとともにサンタの格好をした女性が歩いているのを見かけると、
かわいく見えちゃいますよね。

女性がサンタの格好をしているだけで、見とれてしまう男性も多いのでは?

でも、実はサンタの格好をしているから「かわいい」という気がするだけで、実際はそうでもないことも多いのです。
つまり、普段、それほど魅力的でない女性がサンタのコスプレをするだけで、美しく見えちゃうマジックのようなもの。
実は、サンタのコスプレの「赤」のカラーが原因となっているのです。

アメリカにあるロチェスター大学のアンドリュー・エリオット博士がある実験をしたそう。
それは、男性達を多数集めて女性の写真を見せて評価してもらうというものでした。
女性達の写真にはあるしかけをほどこしてあって、背景をそれぞれ「赤」「灰色」「緑」などの色を変えて写した写真を見せたのです。

そうすると、男性達が女性の写真を見てつけた点数の違いを見ると、多くの男性達がなんと「赤」の背景の女性の写真に高得点をつけたらしいのです。
エリオット博士はこの結果をもとに「ロマンチック・レッド効果」と命名しました。

また、闘牛でも同じことが言えますよね。オスの牛が赤い布を見せられて興奮して突進している姿が印象的。
男性も「赤」という色に感情が高まるということのようですね。

ただし、エリオット博士の発表によればこの症状は男性特有のものらしいのです。
なぜか赤い色を見て興奮するのは「男性だけ」のようですね。

だから、サンタの格好をした赤い色を身につけた女性が通常よりも魅力的に見えるというワケ。
サンタの服を脱いだら、そんなに可愛くないことだって多々あるでしょう。
サンタの服に限ったことではありません。
赤い洋服、赤いニット、赤いスカートの女性を見ると「赤というカラー」によって、男性の感情が高まるので、それを見ている間は「かわいいな」と思ってしまいます。

例えば、合コンなんかで「赤」のファッションをしている女性に心を奪われて、後日二人でデートした時に同じ女性が他の色の洋服を着ているのを見て「あれ?」なんていうこともあり得るのです。

女性の戦略で合コン時に「赤」を取り入れた洋服をしている可能性もあるので、そんな女性を見たら、カラーの効果かな?と少しくらい疑ってもいいでしょう。

単なる色のせいで熱くなっちゃうと、後から「あれ、こんなはずじゃ・・・」ということも・・・。

女性の魅力をアップさせる赤色には少し注意しないといけないようですね。

はらいかわてつや
友だち追加数 @mindmaster
Copyright © 心理学者はらいかわてつや All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます