友だち追加数 @mindmaster

月別アーカイブ:2015年03月

2015年03月の記事一覧。男のための恋愛に役立つ心理学

恋愛初級者向けの心理学
好きな女性の情報が分かっても彼女と実際に接点がなければ恋愛は進みません。情報収集ができたらそれをもとに接点を増やしていく計画を練る事をおススメします。まずは、接..

記事を読む

恋愛初級者向けの心理学
恋人ができた時、または好きな女性ができた時というのは、その人について色んな情報を聞きたくなりますよね。男女問わず、そういった気持ちはあるのではないでしょうか?そ..

記事を読む

恋愛初級者向けの心理学
恋愛と季節の関係は実は重要であるようです。一般的に寒い冬になると、人恋しくなるということが言われています。それが単なる寒さによるものなのか、恋人たちのイベントが..

記事を読む

好きな彼女との接点を多くして会話の機会を増やせ!

o0480064013226144630.jpg好きな女性の情報が分かっても彼女と実際に接点がなければ恋愛は進みません。
情報収集ができたらそれをもとに接点を増やしていく計画を練る事をおススメします。

まずは、接点を増やして「会話」をすることにポイントを置きましょう。

いきなり彼女の前に出ていって、いきなり話す事はできないのですから、
いかに自然に話すチャンスを作り出せるかが大事です。

ようするに「きっかけ」作りです。

私達は、たくさん目にするものに惹かれる傾向にあるらしいのです。

アメリカのミシガン大学博士、スーザン・セガート氏がこのように話しています。

たくさん目にするものは、人間でなくても、動物や物でもなんでもいいのです。
しょっちゅう見る機会のあるものは愛着がわくということなのです。

セガート博士はこれを実証するために実験を行っていますが、
1回しか見ないものよりも回数が増えたものに対してはより愛着がわいたという実験結果が得られています。
1回しか見ないものより、10回見たものの方が好きになる確率が高いことが証明されています。

これから、恋愛関係においてもこのように接点を増やすということの意味深さが分かると思います。

実は、この症状、大逆転のケースもあり得るというから不思議。

皆さんも経験あるのではないでしょうか?
生まれて初めて飲んだビールの味。
「わっ!苦い!」そう思った人も多いでしょう。

でも、何度も飲んでいるうちに大人になった今では「美味い!」と言いながら飲んでいるのです。

だから、初め1回であまり印象がよくなくても、
繰り返し見ていくことでその印象は返られる可能性もあるという事です。

初め、彼女にとってなんの印象も与えられないような場合でも、
日々繰り返しみていくうちに印象的になっていく場合もあります。

通勤電車での出会いはまさにこのような感じです。

電車の場合は、乗る時間や乗る人間がほとんど変わらない毎日です。
そんな毎日を過ごしていると、なんだかんだで印象には残っているのです。
そして、もし会社が一緒だったりしたらチャンスですよね。

なにかのきっかけで「そういえば電車が一緒ですよね」という具合に会話のきっかけをつかめます。

それを機に、会話が進み、段々顔見知りから知人、
そして友人へとも発展できるかもしれないのです。

ここで大事なのは、積極的に話かけること。

そこで、会話の機会を増やさなければ、ただの知り合い止まりですから・・・。

だから、好きな女性ができてある程度彼女の情報を仕入れることができたら、
彼女の行動範囲を把握して接点を作りだしてみるのがいいのです。

彼女の友達と自分が知り合いだったら、
一緒にみんなで食事の機会を作り出してもいいでしょう。

また、彼女と通勤電車が一緒だったら、
何かチャンスを見つけて話しかける工夫をしてみてもいいでしょう。

まずは、彼女の目につくところに出現し、会話のチャンスを掴んでみましょう!

はらいかわてつや

相手の事を知りたかったら自分の話をする

1.jpg
恋人ができた時、または好きな女性ができた時というのは、
その人について色んな情報を聞きたくなりますよね。
男女問わず、そういった気持ちはあるのではないでしょうか?

その人が気になるから、色んな情報を知りたいということの表れでしょう。
知りたい内容は彼女の家族構成であったり、
仕事の事、過去のこと・・・、個人情報に関することが多いです。
とにかく、彼女に関する情報について知りたいことが山のように出てきます。

ただ、こんな時の相手への質問の仕方については要注意なのです。
あまり差し障りのない情報ならば、誰にでも話せるという人が多いですよね。
しかし、プライベートに関する情報というのはあまり話したくないという人が大多数だと思います。

仲良くなった人以外には話したくない!という女性が多いのです。
例えば「どんな食べ物が好き?」とか「どういったテレビ番組が好き?」という具合の個人情報的な質問以外であれば、初対面でも話易い内容と言えますよね。

でも、住んでいる地域の話や家族の話、仕事の内容なんかだと、なかなか初対面でペラペラと話す人はいないでしょう。
あまりしつこく聞き過ぎると、「ストーカー扱い」されてしまうのでご注意を。

でも、そうはいうものの、好きな女性の情報は色々と知りたいな~と思うのが恋愛の時。
どうやって彼女の事を知ったらいいのか?と疑問に思っている男性にそういった話術を伝授してみたいと思います。

「自分の話をする!」
これが一番の近道なのです。

アメリカのパーデュ大学の博士、スコット・ナイマン氏がこの話術について語っているので有効的と言えるでしょう。

自分の話をいろいろするのです。
例えばこんな感じですね。
「俺って、弟と妹がいて3人兄弟なんだよね。君は兄弟いるの?」
「俺は休みの日は映画を見に行ったりするのだけど、君は休みの日はどうやって過ごすの?」

こういう具合です。
自分の情報を話しておいて、相手の情報を聞き出すのです。
これなら、会話の流れとして自然な対話にもって行けますし、相手にとっては「自分の情報を教えてくれるから怪しくない」つまり信頼感を得やすくなるのです。

自分の事も語らないくせに、
「何の仕事しているの?」
「どこに住んでいるの?」
なんて聞き方をされると女性にとっては気持ち悪いと感じるようです。
実際に客商売をしている飲食関係の女性達は、こうしたしつこい感じのお客様にはウソの名前や住んでいる場所を話すようにしているのだとか・・・。

相手の話を聞きたかったら自分の話をしてみる!
この方法で、まずは仲良くなることが先決ですね。

はらいかわてつや

恋をするなら「冬」がいい!?

084e714a.jpg
恋愛と季節の関係は実は重要であるようです。

一般的に寒い冬になると、人恋しくなるということが言われています。

それが単なる寒さによるものなのか、恋人たちのイベントが
多数あるからなのかは分かりませんが、とにかく「冬」が狙い目だと言われています。

冬になってくると、日本では「クリスマス」や「バレンタイン」などのイベントが待っていて、
「恋人たちの季節」とでも言われるかのように街並みがロマンチックになりますよね。

人間の心理状態も自然に恋がしたくなるのかもしれません。
それに「寒い」ということがプラスに働くのでしょう。

女性達もこういった街並みに刺激を受けて恋がしたいと感じている場合が多いので、
この時期に頑張って動くと恋人がゲットできる可能性もあります。


これと関係しているのか、雪国の若者達は冬にカップルが多くなり
夏に別れることが多い・・・なんていうこともひそかにささやかれているみたいですね。

だから、この時期を利用しない手はないんです。
女性が「彼氏が欲しい」と思っている冬こそチャンスなのです!

表面上は「彼氏なんていらない!」とクールに気取っている女性だって
実は、街の綺麗なイルミネーションを目にすると「寂しいな・・・」とふと思ってしまうものです。

「イベント効果」って知っていますか?

実は心理学でいわれていることなのですが、
イベントの時期になると恋愛に対する効果が強いらしいのです。

一種の催眠状態のようなものなのでしょう。
街中に溢れるイベントを感じさせるものが、そういった心理にするということなのです。

特にイベント効果があるのは冬が狙い目です。
クリスマスやバレンタインで街がキラキラしてますから・・・。
街全体が恋愛モードみたいな感じです。

だから、冬にこそ恋愛を頑張ってみませんか?
スキー場やスケート場で転んでいる女性に声をかけてみるのもありですよね。
これなら自然に声をかけることができます。
そうやって声をかけているうちに、恋愛に発展させることもできます。

このように「恋は冬がおススメ」とは言うものの、夏場だってイベントはありますよね。
冬のように町並みがキラめくことはないけれど、花火大会やキャンプ大会、会社のバーベキューなんていろいろ男女が集まるイベントはありますよね。
とにかくいろんなイベントで女性との接点を掴むことが重要です。

また、自分から合コンやお見合いパーティーに出かけるのもOKです。
イベントには多く顔を出してみて恋愛をゲットするように頑張ってみましょう!

はらいかわてつや
友だち追加数 @mindmaster
Copyright © 心理学者はらいかわてつや All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます