友だち追加数 @mindmaster

月別アーカイブ:2015年03月

2015年03月の記事一覧。男のための恋愛に役立つ心理学

恋愛初級者向けの心理学
最近では草食系の男性が多くあまり恋愛にガツガツしてない人が多く見られますね。しかも、そんな男性は決まって「優柔不断」だから、色んなことの決断能力が鈍いのです。そ..

記事を読む

恋愛初級者向けの心理学
「女性に告白する」ということは緊張しますよね。誰でもそうです。告白する時は、「相手にどう思われるだろう?」「嫌われたらどうしよう」「フラれたら嫌だな」というよう..

記事を読む

恋愛初級者向けの心理学
毎日のようにテレビを見ていると、何度も見るCMとか番組のオープニングの曲とかが気になることってありませんか?そして、フレーズを聞くと頭にその曲が流れてくるんです..

記事を読む

デート場所の決定権を女性にゆだねてみよう

11080948_1566016463681601_6920296838357309461_n.jpg
最近では草食系の男性が多くあまり恋愛にガツガツしてない人が多く見られますね。
しかも、そんな男性は決まって「優柔不断」だから、色んなことの決断能力が鈍いのです。

そんな性格の男性がいざ女性とデートをすることになったら、
デート場所も満足に決める事ができないという事態に陥ります。

女性慣れしていないような男性だと特に場所選びは難しいでしょう。

多分、インターネットを駆使して女性が喜びそうなデートスポットを探していると思います。


女性が「男性のリードをのぞんでいる」とか「男性がデートを仕切るもの」という
決めつけがどうも一般に浸透してきている感じもするのですが、一概にそうとも言えないのです。


女性の中には「自分が行きたい場所に行ってみたい!」と考えている人だっているし、
「男性にリードしてもらわなくても平気」と考えている女性もいるのです。

だから、無理にデート場所を決めようとガンバらなくても
彼女に素直に話してみるのもお勧めです。

「なかなかデート場所が決められなくて、君の行きたい場所に行くのが僕も嬉しい」
という具合に彼女に決めてもらうのもいいでしょう。


もし彼女に行きたい場所があったら、その場所に行けばいいだけですし、
彼女も悩んでいたら一緒に決める手もあります。

雑誌やスマホを片手に「ここにする?」とか「こっちもいいね」という具合に
楽しく決めると、これもコミュニケーションの一つとなって新密度も深まるいいものです。

デートは男の人が決めるものと思って無理して決めた場所が
実は彼女にとってはあまり好ましくない場所だったら、
せっかくのデートが楽しめませんよね。

デートは二人で楽しむものなのだから、
二人が楽しめる場所を意識することが重要なポイントです。

勝手に決めて「あまり楽しくなかった」という結果を生むくらいなら、
彼女に正直に話すのがオススメです。

「君に喜んでもらいたいからキミの行きたい場所に行こう」って話してみましょう。
かえって、こちらの方の男性が魅力的にうつるはず。

もし彼女もあなたに興味があれば、それで距離がグッと縮まるのです。

アメリカのミシシッピ大学のジョン・バーグ博士は、
以下のような興味深い調査結果を発表しています。
付き合い出した数組のカップルのその後について。

数か月後も上手くいっているカップルの特徴は、
「いろんなことを正直に話しあっている」ということがあげられたそうです。

たくさん話をすることが大事ということがこのことからよく分かります。

だから女性慣れしていないのに無理してリードしなくてもいいのです。
彼女に「デートしたい場所」の決定権を委ねてみたり、
一緒に会話を楽しみながら決めていくのもいいでしょう。

デートも回数を重ねていけば、自然に男性らしく振る舞えるようになるのだから、
慣れていないうちは無理をせずということが大切といえるかもしれませんね。

はらいかわてつや

女性への告白はちょっと冗談まじりがオススメ

images.jpg
「女性に告白する」ということは緊張しますよね。

誰でもそうです。

告白する時は、「相手にどう思われるだろう?」「嫌われたらどうしよう」「フラれたら嫌だな」
というような色んな不安が頭をよぎってしまって、なかなか上手く話せなくなります。

だから、ぎこちなくなってしまうのは当然。

でも、それは告白の機会が少ないからなのです。
やはり数をこなして上手くなるのは当たり前。

だから、何度もそういう機会を増やしてしまえば自然に「女性への告白」も上達してくるというもの。

もし、女友達で少しでも「いいな~」とか「付き合いたいな」なんて思っている女性がいたら、速攻で告白することをお勧めします。

「今はちょっと・・・」とか「もっとカワイイ子が出てくるかも」なんて躊躇っているうちに彼女に彼氏ができたりとか、自分のことをもう男友達としてしか意識してもらえないなどといった残念な結果になってしまうかもしれません。

特に付き合う気持ちがないなら無理して告白しなくてもいいのです。
ただ、少しでも「付き合いたい」と思ったなら「今」告白すべきです。

でも、やたらに告白しても失敗したら凹みますよね。
いったいどうしたら上手に告白ができるのでしょうか?

最もベストな方法は「冗談交じりに告白する」のがオススメ。
これなら、彼女の返事が「イエス」でも「ノー」でも対処しやすいのです。
どういうことかというと、例えば彼女に対して「僕の友達で君に告白したいって子がいるんだけど~」と軽く言ってみます。

彼女はきっと「誰?誰?」なんて言うでしょう。
「実は俺なんだよね~」なんて言います。
ちょっと冗談交じりに話してみます。

彼女は「え~冗談ばっかり~」なんて言うかもしれません。

最初は相手にしてくれないかもしれないけれど、
何度も繰り返していると「本当に?」って彼女の方から言ってくれる可能性だってあるのです。

こうなったらラッキー。「うん、本当だよ。付き合って欲しい」ということができます。

もし彼女が何度も言っても「ごめんなさい。私他に好きな人がいて・・・」なんて、フラれモードになったら、「俺も冗談だったんだよ」と言えばいいわけです。

女性は男性の真剣な告白に胸キュンしちゃうというような雑誌の特集があるのですが、それは「恋愛対象としている男」からの告白に限るということを忘れてはいけません。

だから、自分が告白したい女性が自分のことを恋愛対象としてみているかどうかが分からないならば、冗談交じりに告白することがもっともフラれた時のショックが少ない方法とも言えますよね。

それに、何度も告白しているうちに「女性への告白」の自信もつきます。

とにかく告白の経験を積んでたくさんチャンスを掴むことが恋愛への近道と言えます。

はらいかわてつや

彼女の目に入る機会をたくさん増やすことが重要

ishikawa-ren4.jpg
毎日のようにテレビを見ていると、何度も見るCMとか番組のオープニングの曲とかが気になることってありませんか?

そして、フレーズを聞くと頭にその曲が流れてくるんですよね。

ひどい時だと、一日中頭の中にその曲が離れない!なんて状況さえあります(笑)
知らず知らずのうちに覚えちゃっているという現象です。

皆さんもよくあることだと思いますが、不思議ですよね。

また、それは音楽だけではありません。
テレビに出る芸人さんでも初めは「全然面白くない」と思うようなコンビでも、何度も見ていると面白く感じたり、好意的な目で見たりすることってありませんか。
私も経験があるのですが、初めてみた芸人さんで「この人のどこがいいんだろう?」って否定的に見ていた人がいます。「全然面白くない、どこが人気なんだろう?」って見ていました。

しかし、テレビで毎日のように何度も自然に目に入っちゃう日々が続いたら、なんと今ではすっかりファンになってしまっている状態です。
自分でも分からないけれど、不思議な事に初めと愛着がわいてきています。

ここがポイントなのです。

何度も目にしてもらうことが、恋愛にも有効的なテクニック。
例えば好きな女性がいても、自分に自信がなくてどうせ好きになってもらえないだろうと感じて諦めるとそこで恋愛は終わり。
でも、彼女の目に何度も映る機会を多くするだけで、彼女の中では初めの印象と変わってくるのです。

不思議なもので、初めに「タイプじゃないな~」とか「イケメンじゃないな~」と思っても、見慣れると愛着がわいてきて、「もしかしていい感じかも」と思ってもらえることが多々あるのです。

それを証拠に、すごい美人が職場のそれほどイケメンじゃない男性と付き合ったりしているなんて事がよくありますよね。
毎日顔を見ていることで、それなりに顔については問題なくなり、むしろ「少しいい男」に見えてくることがあるのです。

恋愛に大事なのは、「かっこいい顔に見られること」ではありません。
顔を何度も見せて、彼女に自分の顏を覚えてもらうことが大事なのです。

年に一度しか見ないような顔の相手は忘れてしまうし、
顔だけでなく存在までも覚えられないようじゃ彼女にとっては「恋愛対象外」ですよね。

彼女がいつも会社の帰りにいつも行く喫茶店があったら、自分もそこに通うようにするとか、彼女が通っている英会話教室があったら自分もその教室に通ってみるとか、彼女との接点を増やすことがおススメです。
そうすれば、彼女の頭の中にもあなたという存在が確実に生まれてくることでしょう。
とにかく、彼女の目に入る機会をたくさん増やすことが重要なのです。

はらいかわてつや
友だち追加数 @mindmaster
Copyright © 心理学者はらいかわてつや All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます