友だち追加数 @mindmaster

月別アーカイブ:2015年02月

2015年02月の記事一覧。男のための恋愛に役立つ心理学

恋愛心理学
心理学でいう「同一化」という言葉を知っているでしょうか。これは、自分が他の人物になりきることで、自信を持つことです。つまり、その人物に同一化するのです。流行にの..

記事を読む

恋愛心理学
パーソナル・スペースという言葉を聞いたことがある方も多いでしょう。このパーソナル・スペースとは、相手に踏み入れて欲しくないスペースの事です。人間には、自然に自分..

記事を読む

心理術
「なぜ、私が初対面2時間以内にお持ち帰り出来ているのか?」そのまんまやれば誰でも初対面2時間以内にエッチする事ができてしまうテンプレートを無料でプレゼントする事..

記事を読む

高級品を身にまとうのは自信をつけたいから?

1.jpg
心理学でいう「同一化」という言葉を知っているでしょうか。

これは、自分が他の人物になりきることで、自信を持つことです。
つまり、その人物に同一化するのです。

流行にのる人も、こういった心理によるものでしょう。
流行する服装なども、芸能人が着ていると流行するという感じで、その洋服を身に着けている芸能人を見ていくうちに、その洋服をきることで、その芸能人になったような気がして自信をつけるのです。

そして、もうひとつ注目したいのが、ブランド品を持つ人。
これも、上記のような自信をつけたいことの表れでしょう。

もし自分が「カッコイイ人間だ!」とか「美しい人間だ!」という思い込みがあったら、恋人に振られるという不安も持ちませんし、
相手に対しても何も恐れることなく、自分の素直な気持ちを発信できるのです。
つまり、すべてにおいて自信に満ち溢れているのです。

ですから、前述の「同一化」もこの心理を手に入れることができるといえます。

しかし、この行動には裏返しが。
実は、普段の自分に自信がないから、「他の誰かの真似をして自信をつけたい」という事なのです。

ブランド品を身につけるという行動も「これをつけていることで、自分自身が高貴な人になった疑似感覚が生まれて、自信がもてる」
これなのです。
この気持ちが欲しくて、高級品ばかりを身に着けてしまうのです。

もちろん、本当にお金持ちで高級品ばかりを身にまとっている人も多いですが、そう見せたくて頑張っている人も多いですよね。

しかも、その多くは、周囲の人と同じであることが多いです。
Louis Vuittonのバッグを持っていたり、ティファニーのアクセサリーをつけていたり。
これで、安心感と自信を手に入れるのです。

そう考えると、もし自分に自信がないなら、この方法を利用して自分に自信をつけることが可能になります。

特にブランド品にこだわる必要はありません。
ただ、自分の好きな芸能人が好きな時計や指輪、そういったアイテムでも、なにか一つ身につけることで、不思議と気持ちがみなぎっていきのが分かります。
もう、それを身につけた時点で同一化がはかれたわけです。

いつもの自分と変わっていくのが分かるでしょう。

ヘアースタイルなんかでもいいかもしれません。
普段の自分は、冒険しないようなヘアースタイルをしているとしましょう。

でも、好きな芸能人はその素敵な髪型でカッコイイ。
そんな髪型をしてみることで、なんだか自分もそのようなカッコイイ感じになったかのような気分になるでしょう。

人の強さというものは、たとえ身の回りのものを変えたとしても、心の底から変わることはできません。
ブランド品を見人付けたって、しょせんは自分に自信をつけたいという気持ちを持っている弱い人かもしれません。

また、人がそれぞれ抱える悩みやストレスは個人差があります。
でも、自分の心を強くするために何か他の物を借りて、強くするのはいいと思います。
そうやってヨロイを身に着けて、自分を強く見せようとするということは、少しあなたが以前のあなたより強くなっているかもしれませんね。

ヨロイをつけていたとしても、弱い自分のままで閉じこもっているよりも、身にまとって自信をつけて外界に出ると、きっといいことがあると思いますよ。


はらいかわてつや

座った時の足の状態で本来の姿が分かる?

1.jpg
パーソナル・スペースという言葉を聞いたことがある方も多いでしょう。

このパーソナル・スペースとは、相手に踏み入れて欲しくないスペースの事です。

人間には、自然に自分のスペースが隠されています。
人によって個人差はあるでしょうが、どのくらいの距離でしょうか?
まずは、誰かに侵入されたくない距離というものがあるのです。

例えば、恋人同士だったら、いくら侵入されても、特に何も感じないですよね?
家族でも、問題はありません。

でも、見知らぬ人はどうでしょうか。

公衆の場所では、椅子が並べられている場所は多いです。
病院の待合室、役所の待合室、さまざまな場所で他人と近づくケースがあります。

そんな時に、イヤなパターンがあります。
皆さんも一度は経験したことがあるのではないでしょうか?

結構、椅子が空いているのに、わざわざ自分の隣に座ってくる見ず知らずの人。
これは、すごく嫌悪感を感じてしまいますよね。
特に病院の待合室なんて、ぎゅうぎゅうに椅子が並んでますから、となりに座られた時は肩がぶつかるくらい距離が近いですから。

でも、満員電車だったり、空いているところがない場合は隣に座られてもあまりイヤな気がしないのです。
無意識のうちに、こういった心情となっているのでしょうね。

知らず知らずのうちにバリアを張ってしまうという事です。

では、相手の心理状態を読み取る時に、このパーソナル・スペースと関連づけてみることができるので見ていきましょう。


●足を組んで座っている場合

足をゆるい感じで組んでいる人は、解放感があるようです。
つまりリラックスした状態。

逆に足をきつく組んだ状態は、緊張して周囲を拒否している模様。
あまり近づかない方が無難かもしれません。


●足をやたらと広げている場合

足を広げて座っている人には、共通して見られるのが、男性ではないでしょうか。
そして、近寄りがたいような高圧的な雰囲気を持ち合わせている人に多いです。

なんとなく分かりますよね。
足を広げるタイプの人は、常に自分を強く見せたり、自己主張の強い、闘争心がむき出しの人に多いようです。
足を広げることによって、自分を大きく見せているのです。

鳥が羽を広げて相手を威嚇したりするのと似ています。

足を広げることでパーソナル・スペースの範囲を広げています。


●足を閉じて座る場合(その1)

足を閉じて座るのは一般的な座り方ではないでしょうか。
ただ、足の閉じ方に注目して欲しいのです。
閉じ方が強い場合、つまりわざと強く足を閉じているならば、緊張して周りから壁を作っています。

気持ちが沈んでいる人は、こういった座り方をするケースが多いのです。
●足を閉じて座る場合(その2)

これは、自分をかわいく見せたい女性に多いです。
相手に自分を小さくみせるようにしているのです。
か弱い、かわいい女性を演出しているのです。


面白いですね。
なんとなく無意識に表れる行動で、その人の性格とか気持ちが表れているのです。
しかも、なにかをしながら表れた行動は、本来の姿とも言えます。

普段大きな態度をとっている人が実は気の弱い人だったり普段気が弱さそうなのに、実は気が強かったり・・・。

そんな本来の姿が足に表れることもあるのです。

もし、好きな相手なら、
まるごと受け入れることも必要です。

はらいかわてつや

初対面から2時間でホテルに連れ込む方程式

完全無料の特別レポート.png
「なぜ、私が初対面2時間以内にお持ち帰り出来ているのか?」 そのまんまやれば誰でも初対面2時間以内にエッチする事ができてしまうテンプレートを無料でプレゼントする事にしました。 LINE友達限定でプレゼントしますので、登録ボタンをクリックするかIDを検索して登録しておいてください。 もちろん、これは早い者勝ちです。無くなり次第、終了します。

友だち追加数 @mindmaster
Copyright © 心理学者はらいかわてつや All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます