90e44a26.jpg
恋愛においてデートは絶対必要なものですよね。デートなくして恋愛はできませんから。
好きな相手との時間は、あっと言う間にたってしまうものです。

また、恋人同士になっていない関係でもデートが楽しくて「まだ一緒にいたいな」と考えるときもあるでしょう。
この気持ちを、さらなる恋愛の発展へと利用するのです。

例えば、映画を見に行って夕方になったとしましょう。
それで「じゃあね」というのは早すぎですね。
夕食を一緒に食べて「映画のこんなところが・・・」なんて感想を語ったりしたとしましょう。
夕食が終わってもまだまだ時間が早いかもしれません。

ここで、男性の皆さんつい下心を持ってしまうかもしれません。
「まだまだ一緒にいよう」と終電の時間を考慮に入れて、彼女が終電に間に合わなくなるようにたくらんではいませんか?
こういう見え見えの下心丸出し作戦は彼女にはバレバレ。
しかも嫌われる原因です。

せっかく上手くいく恋も冷めてしまう可能性に。

デートをしたなら「今日は楽しかったな。この人とまだ一緒にいたいかも」と彼女に思わせるくらいがちょうどいいのです。
映画に行って、夕食を食べて「じゃあ、駅まで送るね」というくらいがベスト!
この男らしい対応が彼女の心に残ります。

デートは楽しかったし、下心も見えなくて紳士的。
「私、まだこの人と一緒にいたいかも」そう思わせることで、グッと彼女の心を惹きつけます。
そうすれば、次のデートも確実に応じてくれるでしょう。

ドイツのオスナブリュック大学にいる心理学者トーマス・ゴシュケ博士が論じている説によると「人間は最後の部分をよく記憶する」という傾向が強いといいます。
最後の部分が記憶として強く残るらしいのです。

例えば、友人同士ですごく盛り上がっている時に、その後に何か言い争いあったとしましょう。
盛り上がって楽しかった記憶よりも、その後のケンカのことが記憶に残ります。
せっかく楽しかった記憶よりも最後の記憶が勝ってしまうのです。

つまり、彼女とデートを楽しんでいた場合も「楽しい」「もうちょっと一緒にいたい」という状況で解散するのが、その「楽しい」という記憶をより強く印象づけることが可能ということです。
もし、もう少し一緒にいて、時間が経ちすぎて話のネタがきれ彼女が退屈してしまったら「つまらない」という部分で解散してしまうことになりかねません。
その前に楽しかったことがあまり印象に残らないのです。

だから「もうちょっと一緒にいたかったな」という感じで余韻を持たせる方が、ずっと効果的なのです。

はらいかわてつや

完全無料の特別レポート.png
「なぜ、私が初対面2時間以内にお持ち帰り出来ているのか?」 そのまんまやれば誰でも初対面2時間以内にエッチする事ができてしまうテンプレートを無料でプレゼントする事にしました。 LINE友達限定でプレゼントしますので、登録ボタンをクリックするかIDを検索して登録しておいてください。 もちろん、これは早い者勝ちです。無くなり次第、終了します。
友だち追加数
@mindmaster