11002621_790235677728873_8956649737759596868_n.jpg
もし、好きな人ができたら、その人と少しでも親しくなりたいと思うでしょう。
友達として、関係を築いていても、やはり「恋人」として付き合いたいと考えるのは当たり前ですよね。

そう考えたあなたは、一生懸命アプローチをするのではないでしょうか。
ハッキリと好きとは言えなくても、好意的な態度を示せば、「きっと、相手も気づいてくれる」そう考えてはいませんか?

でも、残念ながら、相手によっては鈍感で、こちらの気持ちに全く気付いてくれない場合もあります。
しかも、こちらが好意的なのに、相手は無反応だったり・・・。

なんだかもどかしい気持ちが、大きくなってきます。

そういった場合は、現在、友人関係の相手と、より親しくなる必要があります。

相手との関係において、レベルを表わしたものがあります。

●発展段階  0

お互い、見知らぬ者同士の場合は、この0になります。
何もないのですから、0ですよね。


●発展段階  1

どちらかが、相手の事を知っている場合はここに当てはまります。
例えば、電車の中で毎朝みかけるとか、通学途中に毎朝バス停で会うとかも、このレベルに当てはまるでしょう。


●発展段階  2

このレベルになると、お互いに顔を知っている場合です。
そして、軽く挨拶をしたり、軽く話す機会がある場合は、表面的接触を持っているレベルとなっています。


●発展段階  3

このレベルには二通りあります。

まずは初期段階。「知り合い程度の関係」です。会った時は話も弾みますが、友人まではいきません。

そして、それが進んだ段階。「友達」と言われる関係。
友達ですから、親密な関係であると言えますね。相手に対しては、それほどバリアもなく本音を話せるような間柄とも言えます。




以上の段階によって、相手との親密度が変わってくることが分かりますね。
私達は知らず知らずのうちに、この上記で分けた段階によって、
相手への対応を分類しているのです。

もし好きな人がいるとすれば、発展段階 0ではないでしょう。

恋愛関係に持ち込むためには、まずは発展段階 2~3までは進めていく必要性がありますよね。

そして順を追って、恋人へとなる訳です。

もし、発展段階の3レベルまで来ているなら、あと少しです。
でも、何か自分からアクションを起こさないと、そのままなのです。

発展段階 3にいる場合は、もう少しでさらに仲が深まります。
いつもの会話にプラスして、もう少し踏み込んだ会話をしてみるのもいいでしょう。

自分をもっとさらけ出す事をお勧めします。
これは自己開示といいます。

相手に対して、自分の深い部分まで開いてみるのです。

そうすることで、相手の気持ちが一気に加速する可能性も出てきます。
思い切った一言で、今の関係から脱却してみましょう。

はらいかわてつや

完全無料の特別レポート.png
「なぜ、私が初対面2時間以内にお持ち帰り出来ているのか?」 そのまんまやれば誰でも初対面2時間以内にエッチする事ができてしまうテンプレートを無料でプレゼントする事にしました。 LINE友達限定でプレゼントしますので、登録ボタンをクリックするかIDを検索して登録しておいてください。 もちろん、これは早い者勝ちです。無くなり次第、終了します。
友だち追加数
@mindmaster